ブルノ

9/23 12:00

 

最近、外出するのが昼になってきた。

せっかく日本から遠く離れたところに来たのにもったいない。

これからはもう少し早く出ることを心がけよう。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180924164203j:image

 

本日は小雨が降っている。

ヨーロッパに来て初めての雨だ。

日曜日であるせいか、街は人が少なくとても静かだ。

昨日と比べると寒く、気温はおそらく15度前後だ。

クラクフでは20度を超えていたため、一気に温度が下がったのが驚きだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164505j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164547j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164531j:image

 

適当に歩いていると、たまたま「旧市庁舎」にたどり着いた。

モニュメントの内の一つが傾いているのは、工事作業員の鬱憤晴らしとも、デザイナーの単なる遊び心とも言われている。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164320j:image

 

旧市庁舎の中には、ドラゴンと言われている模型があるがどう見てもワニだった。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164552j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164404j:image

 

旧市庁舎をくぐり抜けて、歩くとキャベツ市場と呼ばれる「緑の広場」がある。

しかし、特に露店があるわけでもなく、人が大勢おるわけでもない。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164409j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164722j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164223j:image

 

中心に巨大なモニュメントがあって、端にはキリスト教に関連するモニュメントがあった。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164814j:image

 

また少し歩くと、「聖ペテロ聖パウロ大聖堂」が出てくる。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164241j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164245j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164735j:image

 

この聖堂はブルノのトレードマークでかなり大きい。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164606j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164622j:image

 

聖堂からはブルノの街が見渡せる。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164259j:image

 

中に入ると、ちょうどミサが終わったようで団体が一気に出てきた。

外側から見る様子とは違って、内観は割と新しい様式だった。

 


f:id:kugo0828kageyama:20180924164747j:image

 

外観は現地市民によって当時の姿をしっかりと保持されている。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164157j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164638j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164742j:image

 

聖堂から街の方へ下って行き、城の横にあるレストランに入った。

店内は人が自分しかいなく、店員は暇そうにしていた。

生ビールと、「vepro knedlo zelo」つまりローストポークを注文する。

店員が「これでいいよね!?」という感じに、語尾に「ya!?」と言ってくるのが面白かった。

 

結局ここでビールを2杯飲んでしまい、長居してしまった。

お会計は8.5€と少々贅沢なランチだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164717j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164254j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164317j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164200j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164236j:image

 

食事を終えて、すぐ隣の「シュピルベルク城」へと向かった。

13世紀初頭にこの城の建設が始まり、皇室の城として使用された後、14世紀中頃には監獄所へと変化したらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164230j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164441j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164729j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164420j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164150j:image

 

城内に入ったが、観光客はほとんどいなかった。

中の展示品などは見ずに、街へと降りることにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164313j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164304j:image

 

自動車もあまり通っていず、人に捨てられた街のような雰囲気だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164732j:image

 

中心地である自由広場の方へ行くと、徐々に人が増えてきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164216j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164310j:image

 

広場では今日も露店が並んでいて、ソーセージと赤ワインを4€で購入した。

ワイン屋では色々と試飲させてくれる。

ワイン売りの女性が、「日本は教育システムがとても良いよね!」と言った。

確かに、日本の中でも、東京は世界で最も平等な教育が与えられている都市だ。

しかし、海外に比べて、教育の“質”は自慢出来るものかは怪しい。

 

帰り際にまた話しかけると、「この市場は22時までやってるよ。明日もやってるからまた来てね。」と言ってくれた。

 

それから、ホステルへ帰って少し休むことにした。

 

------------------------------

20:00

 

すっかり暗くなった。

レストランに行くよりは、よりローカルな広場の露店でご飯を済まそう。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164804j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164153j:image

 

広場では、テントの下で演奏されていてアイルランド民謡のような軽快な音楽が鳴っていた。

ワインやビールを片手に歌い踊る人がいたり、長々と話し続けている人がいたり、ただ演奏者を見ているだけの人もいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164209j:image

 

露店で少し豪華な夕食をこしらえてきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164415j:image

 

これは「ザワークラウト」と呼ばれる酸っぱいキャベツの漬物に、小麦粉を丸めたモチモチの団子、さらにベーコンを混ぜた料理だ。

とても酸っぱかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164327j:image

 

そして、肉厚なソーセージを丸々一本。

スライスされたパンが必ず付いてくる。

2種類のマスタードがあり、一つは普通の黄色いマスタードで、もう一つはワサビのような香りがする白いマスタードだ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180924165459j:image

 

これは「フェーダーヴァイサー」と呼ばれる、ワインになる前の葡萄酒だ。

これは甘くて美味しかった。

ワイン屋には昼に話した女性がまだいて「君、ソーセージ好きなんだね。日本にはないの?」と笑って話しかけてくれた。

 

音楽を聞いて笑う人々を見ながら、ブルノ最後の夜を楽しんだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180924164614j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180924164512j:image

 

ブルノの街は夜でも明るい。

少し街をぶらりと歩いて、ホステルへと戻った。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費15.3€、食費19.4€、プラハ行きのバス代5.1€で

合計39.8€