移動日(クラクフ→ブルノ)

9/22 午前10:30

 

チェックアウトをして急いでバス停留所があるクラクフ中央駅へと向かった。

 

バスは11:15発だ。

駅にはショッピングモールが隣接していて、バスの時間までに簡単に食事を済ませることにした。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180923054338j:image

 

バーガーキングに入って、ポーランド通貨の消費を試みる。

しかし、中途半端に5€ほど余ってしまった。

 

------------------------------

16:45

 

無事ブルノに到着した。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054233j:image

 

街は小さな路面電車が走っている。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054241j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180923054342j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180923054504j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180923054319j:image

 

ホステルへ歩いて行くが、道には誰もいない。

今日は土曜日だからだろうか。

バスを降りて10分ほどでホステルに到着し、チェックインを済ませて街へ出た。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054405j:image

 

中心地へ向かうと徐々に人は増えてきた。

ハンガリーの通貨フォリントがかなり余っていたので、チェコの通貨コルナに両替した。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180923054457j:image

 

さっそく変えたばかりのコルナを手にして、チェコのスイーツ「トルデニック」2.5€を購入した。

筒状の焼いたパンはザクザクしていて、周りに大量の砂糖をまぶしてある。

とても甘く、これだけで1000キロカロリーは余裕であるような気がする。

 


f:id:kugo0828kageyama:20180923054409j:image

 

ブルノは小さい。

中心地である「自由広場」にはホステルから歩いて3分で着いた。

 

夕食を食べようと、事前に調べていた「Lokál U Caipla」というレストランへ向かった。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054333j:image

 

 

店内はガッチリとした雰囲気ではなく、ラフな大衆食堂といった雰囲気だった。

しかし、店員のサービスはしっかりしている。


f:id:kugo0828kageyama:20180923055508j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180923054315j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180923054321j:image

 

おススメを聞くと、なにやら肉料理を教えてくれた。

「Svíčková(スヴィチュコヴァー)」と呼ばれるチェコ料理らしい。

サイドディッシュにパンを付けたらどう?とアドバイスしてくれたのでそれを頼んだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054259j:image

 

チェコに来たからには、「ピルスナーウルケル」つまりビールを飲まないとなと思い、0.5Lの生を注文した。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054433j:image

 

続いて出てきたのは、ソースたっぷりの肉料理に蒸しパンが添えられもの。

一緒に出てきたのは、デザートかと思ったらどうやらクリームソースのようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054423j:image

 

まず肉を切ってみると、どうやら牛タンのようだ。

ソースはIKEAのミートボールとまったく同じ味のソース。

それに甘いベリーが入った生クリームを付けて食べる。

蒸しパンは味がついていなく、ソースをつけたり、生クリームをつけて食べた。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054417j:image

 

コースターには可愛らしい絵があって、チェコ語で何か書かれていた。

左上の絵は、「人に飲ませるな」の絵だなと思って、翻訳アプリで確認すると“ビールのサポートを促進する”という風に出てきた。

ベロベロになった人に向かって、もっと飲めという絵ではないかと思うと恐ろしくなった。

お会計は9.3€だ。

 


f:id:kugo0828kageyama:20180923054346j:image

 

食事を終えて広場へ行くと、地元の人が露店を楽しんでいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054309j:image

 

アクセサリーなどが売っていて、観光客向けというよりは地元民向けだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054522j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180923054250j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180923054328j:image

ヨーロッパでは、このようにワインの露店が沢山あって、みんなワイングラス片手に話をしているのをよく見かける。

まずは席に座りたいという日本とは間違いなく違う文化だ。

仕事帰りなどにサクッと行けて、数€の出費で済むから良いと思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054420j:image

 

先ほど食べたパンの店もあった。


f:id:kugo0828kageyama:20180923054448j:image

 

露店をぶらっと一周してホステルへと帰った。

ブルノは小さい町なので、今日色々見てしまうと明日見るものがなくなってしまう。

 

ホステルでイギリス人の男性が、ロンドンの見所を丁寧に教えてくれた。

「ロンドンでは全て見ようとせずに、本当に行きたいところだけ行くようにすると良い」と教えてくれた。

彼は「東京に行った際に日本人の知り合いがとても良くしてくれた。そのお返しだよ。」と言っていた。

自分はこれから日本へ行くという人にここまで親切に出来るだろうかとつい考えてしまった。

自分もイギリス人の彼のように、人に与えて、人から与えられるように生きようと思う。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費15.3€、食費16.8€で

合計32.1€