クラクフ2

9/20

 

本日は「アウシュビッツ強制収容所」に朝6:30のバスに乗って行く。

 

・・・つもりだったが、寝過ごしてしまい10時に起きた。

どっちみち7:30に指定された入場時刻には間に合わなかったし、10-16時の間はツアーのみの入場になるのでしっかりと全部見れる自信がなかった。

 

気をとりなおして、市内観光にシフトチェンジした。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180921040312j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040057j:image

 

昼12時

ポーランドの京都」と呼ばれるクラクフは、小さい街だが中世の街並みが残っていて、歩くだけで楽しい。

17世紀初頭まで、ポーランドの首都はワルシャワではなくクラクフだったらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040217j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921035955j:image

 

旧市街の入口には、城砦である「バルバカン」がある。

もともと外敵の侵入を防ぐために城壁があって、その一部がこのバルバカンらしい。

15世紀に造られたこのバルバカンは、第二次世界大戦ナチスドイツに破壊されたが、戦後に復元された。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040357j:image

 

バルバカンの後ろには「聖フロリアン門」があって、この門をくぐると旧市街へと入れる。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040457j:image

 

門の手前には、門とバルバカンの模型があった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040417j:image

 

門の中からは旧市街が見える。


f:id:kugo0828kageyama:20180921035958j:image

 

門をくぐって、旧市街に入ると雰囲気ががらりと変わった。

中世らしき街並みが出てきて、タイムスリップしたような気分になる。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040016j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040229j:image

 

後ろを振り返ると、聖フロリアン門がどんと構えていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040439j:image

 

旧市街は自動車立ち入り禁止のようだが、すぐ横の通りには、観光客向けの自動車などが通っている。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040406j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040103j:image

 

クラクフでよく目にする、この円形のパンの露店がここにもあったので一つ買ってみることにした。

味はゴマ、チーズ、塩、ミックスがある。

自分はミックスを選んだ。

一個1.8ズウォティ(約56円)とかなり安い。

こういう露店はずっと昔、もしかしたら中世の頃からあったんだろうなと思った。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180921040315j:image

 

クラクフはスタバもオシャレだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040459j:image

 

旧市街をまっすぐ進むと「聖マリア聖堂」だ。

聖堂の裏側はとても大きな広場になっていた。

ここが「中央市場広場」だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040345j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040454j:image

 

かなり広い。

至るところで、頭に鎧らしきものを付けた二頭の馬に引かれた馬車が観光客を乗せている。

面白いのが、運転手は皆美女ばかりということだ。

観光向けなのか、馬車の運転手になるには、おそらくある程度のルックスが必要らしい。

しかし、実際には美女の横に本物の運転手らしきおじさんが乗っていることが多かった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040025j:image

 

振り向くと聖マリア聖堂が存在感を出して立っていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040402j:image

 

また進行方向を向いて、広場の中央にある建物に入っていった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040241j:image

 

ここは「織物会館」と呼ばれていて、中はお土産がたくさん売っている市場になっている。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040226j:image

 

さっそく入ると、上部にクラクフの紋章があった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040234j:image

 

まずは右を向いてみると、革製品、宝石、雑貨などの店がずらっと並んでいる。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040046j:image

 

次に左を向くと、同様に様々な店が並んでいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040149j:image

 

右にも左にも行かず、そのまま建物を真っ直ぐつっきってみると広場の反対側に出てきた。

織物会館は、本当に広場の“中央”にあるということだ。

広場の逆半分を見て、200m四方のこの広場がいかに大きいかわかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040140j:image

 

織物会館の広場に面している方は、飲食店が並んでいる。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040157j:image

 

広場の反対側には「旧市庁舎塔」がある。

お金を払って、ここに登り、旧市街の街並みを眺めるのもありだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040232j:image

 

広場を抜けて、少し歩いて行くとカトリック教会があった。

クラクフはレンガで出来た建物が多いことに気づいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040301j:image

 

昼食をとろうと思い、yelp(グルメアプリ)で人気No1のレストラン「Kuchnia U Babci Maliny」へ向かった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040152j:image

 

店先で立っている女性に店内まで案内してもらった。

建物の中に入り、かなりややこしいところを進んで行く。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040002j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040132j:image

 

13時すぎだった為か、店内は空いていた。

しかし、店員はなかなか来ず、10分ほど待ってようやく厨房から出てきた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180921044514j:image

 

メニューを見てもわからないので、「ランチメニューをお願いします。」と言うとあっさりとオーダーを通してくれた。

本日のランチはこの紙に書いてあるメニューらしいが、ポーランド語で書かれているため、内容がまったくわからない。

18ズウォティ(約4.2€)のお会計を先に支払って、席についた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180921040100j:image

 

まず出てきたのは、フィッシュカレー風味のスープだ。

そして、シソ味の甘いお茶。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180921040628j:image

 

中には細切れのパンが浸されていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040624j:image

 

さらに、煮たブリのような食感の魚がゴロッと出てきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040445j:image

 

スープを飲んでいると、メインディッシュが登場した。

ハンバーグのような肉の塊に、備え付けはマッシュドポテト、サラダ、ピクルスだ。

伝統的なポーランド料理を出すことで有名なこの店では、何を出されても驚かない。

味はまあ悪くもなかった。

 

店を出てすぐ近くのジェラート屋へと入った。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040436j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040339j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040007j:image

 

おすすめを聞くと、ピスタチオ味が人気とのことなのでそれを頂いた。

ひとすくいのはずなのに、ふたすくい分貰える。

これで1€とかなり安い。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040442j:image

 

ジェラートを食べ終えて、また広場へと戻った。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040223j:image

 

広場の端では、鳩に餌をやるおじさんがいて、その人のところに鳩が群がっていた。

このおじさんは自分が座っている椅子のとなりに「5zt」と書いた段ボールを置いていた。

そのおじさんにお金を払うと、鳩に餌をやらせてもらえ、餌付けした人のところに大量の鳩が群がる。

こんなことまで商売にするなんて、なんてずる賢いやつだと思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040130j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040203j:image

 

聖堂の裏には「聖バルバラ教会」があって、その前では撮影をしていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040331j:image

 

どうやら強盗らしき3人組が銃を構えて店に入って行くというシーンを撮っているようだった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040342j:image

 

広場を抜けて、隣の通りには少し小さい広場がある。

ここには木の大きな樽や木の小屋が並んでいて、かなり雰囲気が良い。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040414j:image

 

普段は売店であろう小屋は、すべて閉まっていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040421j:image

 

広場を離れて、南へ歩いていくと宝石屋があった。

ポーランドはアンバー(琥珀)が有名のようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040209j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040115j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040247j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040321j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040121j:image

 

馬車が走る中世のような街並みを歩いていると、教会の下でピアノを演奏する人とオペラ風の歌を歌う人がいた。

こういう風に、持っているセンスや才能を惜しみもなく恥ずかしがらず人前で披露出来るのは素晴らしいことだ。

そういう人がヨーロッパの国々では多い気がする。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040451j:image

 

また琥珀を売りにする宝石店があった。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040212j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040054j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040118j:image

 

綺麗な街並みを進んでいく。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040334j:image

 

すると、「ヴァヴェル城」が丘の上に立っているのが見えてくる。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040306j:image

 

城の隣には「ヴァヴェル大聖堂」があるようだ。
f:id:kugo0828kageyama:20180921040348j:image

 

丘を登ると、クラクフの街がかすかに見渡せる。

そこまで高い場所ではない。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040127j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040327j:image

 

丘の上は、城と聖堂がある。

おそらくこの建物が聖堂だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040051j:image

 

こっちは城だと思う。

丘を下って、また歩きだした。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040155j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040040j:image

 

ちょうど休憩したいなと思っていたので、適当なカフェに入った。

「Pralnia Frania Cafe」というカフェで、アイスフルーツティーが2.1€だった。

 

17:30

カフェで休憩を終えて、街に出るとすぐにユダヤ人街である「カジミエシュ地区」に着いた。

 

カジミエシュ大王という人が当時迫害されていたユダヤ人を保護したらしい。

しかしそれも第二次世界大戦までで、戦後はこの地区もかなり荒廃したとのことだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040424j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040023j:image

 

クラクフの中心地とは少し違った、暗いような、独特な雰囲気がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040028j:image

 

JEWISH COMMUNITY CENTRE(ユダヤ人コミュニティセンター)。

ユダヤ人は少なからずいるようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040038j:image

 

レストランの壁などには、ユダヤ人の言語であるヘブライ語が書かれていたりする。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040244j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040308j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040350j:image

 

独特な湿っぽい雰囲気だ。

この通りを抜けると広場が出てきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040433j:image

 

椅子に座った誰かのモニュメントがあったりする。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040034j:image

 

このレストランは映画の舞台になったか何かで、スティーブンスピルバーグも来たことがあるらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040324j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040427j:image

 

広場にはユダヤ教に関連するグッズが売っていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040359j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040146j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040135j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040112j:image

 

広場の周りにはユダヤ人の礼拝所であるシナゴーグだらけだ。

ハンガリーではシナゴーグは観光地化されていて、大きなものが2つくらいしかなかった。

しかし、ここは普通の教会と同じくらいの数のシナゴーグがある。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040206j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040010j:image

 

ユダヤ人街をぶらりと歩いて、川に到着した。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040108j:image

 

スロベニア語と同じく、ポーランド語でも橋は「Most」と言うようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040409j:image

 

夕日が綺麗だった。

当時ここにいたユダヤ人もこうして同じ夕日を見ていたのだろうか。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040249j:image

 

橋は渡らず、川沿いを歩くと大きなショッピングモールが出てきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040020j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180921040252j:image

 

日中は暑いといっても、朝方は徐々に冷えてきたのでH&Mで長ズボンを一着と靴下7枚セットを購入した。

 

H&Mの横にあったスーパーマーケットでついでに夕飯の食材も買っておいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180921040043j:image

 

夕食はベーコンのペペロンチーノとチーズパンだ。

飲みものは、瓶ビールをホステルにあったワイングラスに注いだ。

デザートに白ブドウを食べてかなり満腹になった。

それでもこの夕食はおそらく5€もしないと思うと、ポーランドの物価の安さは非常に有難い。

 

明日はついにアウシュビッツだ。

英語のツアー40€を予約して行くことにした。

人類史上、最悪の負の歴史をしっかりと目に焼き付けよう。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費8.6€、食費7.72€、お土産代1.9€、H&M服代26€、アウシュビッツツアー代40€で、

合計84.22€