クラクフ1

9/19

朝10:00頃

本日は世界遺産の「ヴィエリチカ岩塩坑」に行くことに決めていた。

 

ホステルからすぐのクラクフ中央駅へと向かった。

f:id:kugo0828kageyama:20180920174953j:image

 

駅で電車の時間を調べると、8:30発、14:30発、15:30発とちょうどいい時間がない。

ネットで他の行き方を調べると、どうやらバスでも行けるらしい。

 

クラクフ中央駅を出てすぐの「Dworzec Główny Zachód (Galeria)」というバス停から304番のバスが20分毎に出ているとのことだ。

 

バス停には「304番のバスは、8/18よりオグロドバという隣の通りに変更となりました。」との貼紙が貼ってあった。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175145j:image

 

早速オグロドバ通りのバス停に向かうと、304番のバスが2台止まっていて、あっさりと乗車することが出来た。

車内中央に券売機があり、そこで40分間有効のチケットを3.8ズウォティ(約0.9€)で購入した。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174921j:image

 

ヴィエリチカ岩塩坑にはすぐに到着した。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175229j:image

 

観光客らしき人は皆そこで降りる。

停留所から、100m先にヴィエリチカ岩塩坑の入口があるようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174919j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174950j:image

 

ようやく到着した。

ここが入口だ。

中に入ると、オンライン予約のブースや当日券購入のブースがあった。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174831j:image

 

当日券購入はかなり並んでいて、20分程待った後、ようやく購入出来た。

通常89ズウォティ(約21€)で、学生69ズウォティ(約16€)だ。

受付で「学生証があるんですが」と言うと、提示することなくあっさり学生料金に変えてくれた。

さらに、カメラ撮影代として10ズウォティ(約2.4€)支払った。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175142j:image

 

岩塩坑には団体でしか入ることが出来ず、英語やドイツ語などの現地ツアーで入ることとなっている。

幸いにも、英語のツアーは最も頻繁に開催されていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174732j:image

 

チケットを購入したのが12:00過ぎだったが、チケットには13:00のツアーに参加するよう記載されていた。

 

暇を潰すため、チョコアイス0.6€を近くの売店で買ってのんびりしていた。

 

------------------------------

13:00になり、ツアーが開始した。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174850j:image

 

全員が入口でこの機械を受け取り、ガイドの音声案内を聞いて歩いて行く。

ツアーが始まると、まず380段の階段をずっと降りて行く。

7段ずつの木製の階段を、約54回繰り返す。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174838j:image

 

ようやく階段を全て降りきると、そこは真っ暗で寒い洞窟になっていた。

ここは温度が14度〜16度となっているらしい。

上着を持ってきてよかったと思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175021j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180920175123j:image

 

崩壊を防ぐためなのか、積み上がった木が床と天井を支えていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174734j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174815j:image

 

これらの壁や、彫刻は全て岩塩で出来ている。

ここは1044年から1950年代まで稼働していた世界最古の製塩企業らしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175048j:image

 

ツアーガイドに従ってずっと歩いていく。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175120j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180920174956j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175112j:image

 

至る所に塩で出来た彫刻がある。

この塩を採掘する人々の彫刻だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174843j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175057j:image

 

馬を使って、塩の塊を下から上に持ち上げていたらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174927j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174858j:image

 

また更に下に降りていく。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175154j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175148j:image

 

塩で出来た小人もいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175102j:image

 

天然の塩水が湧き出ていて、舐めさせてくれた。

当たり前だが、かなりしょっぱい。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174740j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174807j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175104j:image

 

塩水を取り出す工程を表した模型もある。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174726j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175033j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175045j:image

 

面白いことに、人々はこの岩塩坑の中に礼拝所を作った。

この岩塩坑の中心でお祈りをしていたらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175151j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180920175030j:image

 

さらに進むと、この岩塩坑のメインである広場が登場した。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174746j:image

 

シャンデリアでさえも塩で出来ているらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175128j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175136j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174944j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175131j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175109j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174749j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920175014j:image

 

ここで自由時間として10分ほど与えられたあと、ツアーがまた再開された。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174744j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174723j:image

 

ここは塩水のため池のようなところだ。

この時点で地下110mの深さにいるらしい。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180920174910j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174616j:image

 

ここは木を組み立てていくうちに、その形がまるで教会のような神秘な造りになったことで有名な場所だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174834j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174941j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174729j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174937j:image

 

大きなため池が登場し、標識を見ると「地下130m」と書いていた。

 

ツアーの最後は売店がある広場で解散となった。

最後にツアーガイドはこう言った。

「この岩塩坑は全長300kmあります。あなたたちが本日見たのはわずか1%ということを忘れないでください。」

 

f:id:kugo0828kageyama:20180920183513j:image

 

幸いなことに、地上へはエレベーターで上がることができる。

他の誘導員に従って、ずっと歩いていった。

f:id:kugo0828kageyama:20180920175042j:image

 

ようやく外に出ると、綺麗な街並みがあった。


f:id:kugo0828kageyama:20180920174821j:image

 

気分転換にジェラートでも食べようと思い、クリーム&チェリー味のジェラート0.7€を買い、バス停へと向かった。

 

ホステルへ到着し、少し休むことにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175007j:image

 

夕食を食べようと外に出ると、ローカルっぽいレストランがあった。

実はその前に自炊しようとスーパーで色々買ったのだが、安そうなレストランがあったので入ることにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180920175001j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180920174903j:image

 

生ビールと「ピロギ」を注文した。

ピロギはポーランドの伝統料理で、水餃子のような形をしている。

しかし、中にはじゃがいもやチーズが入っていて不思議な味だ。

おかずというよりは、主食としてもいけそうだ。

お会計は5.2€だった。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費8.6€、食費8.2€、岩塩坑18.5€、バス代1.8€で、

合計37.1€