移動日&ロンドン1

10/15 7:00

本日はブリュッセルからロンドンへと、早朝の移動だ。

ホステルを6:00過ぎに出ると、あたりは真っ暗だった。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181018044949j:image

f:id:kugo0828kageyama:20181018044738j:image

 

早朝の暗い道を30分歩いて、ようやくブリュッセル北駅に到着した。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043054j:image

 

バスが来るまでは30分あったが、バスの到着時間はどんどん遅延していき、結局7:30頃に到着した。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043818j:image

 

数々のトラブルがあり、バスは結局4時間遅れでロンドンに到着となった。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043031j:image

 

ベルギーからフランスに入って、フランスの港から海底トンネルを通ってイギリスに行くようだ。

バスは貨物列車の中に入って行くと、前後の入口が閉められた。

30分ほどたって、前方の入口が開いて陽の光が差し込んで来ると、イギリスの地に入っていた。

 

13時に到着する予定が、すっかり17時となっていた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181018044742j:image

 

無事にチェックインを終えて、スーパーへ食材を買いに行き、本日は終了とすることにした。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043105j:image

 

イギリスは驚くほど物価が高い。

ここで住むとなったら貯金は出来なさそうだ。

 

------------------------------

10/16 8:00

 

昨日の長距離移動の疲れはすっかりとんでいた。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043623j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043835j:image

 

有難いことにホステルは「ロンドンブリッジ」の隣に位置している。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043151j:image

 

朝のロンドンブリッジは、通勤ラッシュで人がいっぱいになる。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044539j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043841j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043110j:image

 

会社員の群れに沿って歩くと、オフィス街に到着だ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044654j:image

 

さらに進むと右手に「レドンホール・マーケット」が出てくる。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044853j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044842j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044616j:image

 

ここはハリーポッターのダイアゴン横丁の舞台となった場所だ。

店はまだどこも閉まっていたが、確かに魔法の国に出てきそうなところだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044924j:image

 

信号のボタンのところにある「待て」という文字を見て、こんな些細な英語表記がとても助かるなと思った。

今まではまったく言語がわからない国々にいたので、しばしば苦戦することもあったものだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043012j:image

 

西へと歩いていくと、「Bank station(銀行駅)」という駅の前に「イングランド銀行」があった。

非常にわかりやすい駅名だ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043217j:image

 

そのまま西へずっと歩き続けると「セイントポール大聖堂」が出てくる。

ここは定番の観光スポットだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043045j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043950j:image

 

中に入るには17£(約2500円)近くの入場料が必要なので、入るには諦めた。

この手の聖堂や教会は、今までの国々で嫌という程見てきた。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043756j:image

 

聖堂から地下鉄に乗って訪れたのは「キングスクロス駅」だ。

この駅を見るためだけにわざわざここに来たのは、ここもハリーポッターの撮影に使用された場所だからだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044625j:image

 

ハリーポッターと賢者の石」でダイアゴン横丁への入口となっている「9と4分の3番線」がここにあるのだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044637j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044644j:image

 

これは駅の改札前にあって、写真を取るための行列が出来ていた。

写真はスタッフに撮って貰うことができ、撮った写真は隣にあるハリーポッターの店で買うことが出来る。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043602j:image

f:id:kugo0828kageyama:20181018045246j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018045233j:image

 

この店では、杖やローブなど、ファンにはたまらないようなハリーポッターの商品が沢山売られていた。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043850j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043845j:image

 

次に訪れたのは「カムデン」という若者の多い地域だ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044633j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043059j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043234j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043954j:image

 

お洒落なスタバが川沿いにあって、橋を渡ると「カムデンマーケット」が現れる。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043610j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018045018j:image

 

ここが入口だ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181018044829j:image

 

ここではファンキーな若者たちが雑貨を中心とした土産物などを売っている。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044603j:image

 

カムデンマーケットはかなり広いようだ。

建物の中に入るとまた店が並んでいて、地下にも店が沢山あるようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044707j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043915j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043825j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043747j:image

 

沢山の店を見てまわると、一周まわって来たようだった。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043752j:image

 

ここは飲食店が並んでいて、ドーナツやコーヒーなどの軽食が多かった。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043813j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044559j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044704j:image

 

まっすぐ歩くとこの小さな広場が出てきた。

ここはJessie Jという世界的に人気のあるイギリス人歌手が路上ライブをした場所で、自分はその動画をずっと観ていたので、ここに来た時はとても興奮した。

 

Jessie J - Price Tag (Acoustic in Camden) for Transmitter Live - YouTube


f:id:kugo0828kageyama:20181018044847j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043006j:image

 

カムデンマーケットを出て、バスに乗った。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181018045328j:image

 

ロンドン名物の赤いバスからの眺めはとても良い。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181018043009j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044608j:image

 

着いたのはビートルズのジャケット写真で有名となった「アビーロード」だ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044901j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044544j:image

 

あのビートルズのジャケットにある横断歩道の前には、スタジオがあっておそらくビートルズもここで音楽をしていたのであろう。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044805j:image

 

スタジオの壁には、ジョンレノンのimagineの歌詞が描かれていた。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043744j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044908j:image

 

ここがあの有名な横断歩道だ。

沢山の観光客がいて、皆あのポーズを再現しようとする。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044550j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043002j:image

 

しかし、意外なことにこの通りがかなりの交通量なのだ。

なので呑気に写真を撮っていると、クラクションを鳴らされ、ドライバーに文句を言われる。

しかし、観光客も必死だ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044537j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018045046j:image

 

ロンドンのランドマークの一つである公衆電話も、街中にあってよく目にする。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181018044716j:image

 

アビーロードから30分弱歩いて着いたのがシャーロックホームズが住んでいると言われる「ベーカーストリート」だ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044822j:image

 

シャーロックホームズが住んでいるとされている「ベーカーストリート 221B」には「シャーロックホームズ博物館」があって人々が列をなしている。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043617j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043923j:image

 

博物館の飾り窓には、シャーロックホームズの身の回り品などが展示されている。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044815j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043805j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044836j:image

 

ホームズの博物館の真横には、ビートルズ専門の土産屋がある。

しかし、商品一つ一つがなかなか高い。


f:id:kugo0828kageyama:20181018045057j:image

 

ベーカーストリートはビジネス街のような感じで、駅も大きく、銀行や企業が立ち並んでいる。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043902j:image

 

ベーカーストリートの中心にどんとかまえるこの「ロイズ銀行」では、かつて世間を騒がせた大きな強盗事件があり、その重大性から「The Bank Job」という映画にまでなったほどだ。

ちなみに、主演はジェイソン・ステイサムで、非常に面白い映画だ。

こういった話を知っていて旅行に来るのはとても楽しい。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043120j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043203j:image

 

ベーカーストリート駅に前には、大きなシャーロックホームズの銅像が立っている。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043706j:image

 

ロンドンではほとんどと言って良いほど、歩道の地面に「右を見ろ」か「左を見ろ」と親切に書いてくれている。

その為、事故にあう確率は格段に下がるのだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044650j:image

 

適当に入った売店で新聞1.6£を買って、コーヒー1.99£片手に読むことにした。

新聞には以下の三つが主に大きく取り上げられているようだ。

一つは、ロイヤルファミリーの話で、オーストラリアに視察に行っているヘンリー王子とメーガン妃の様子だとか、メーガン妃のお腹には赤ちゃんがいるだとかいうニュースだ。

二つ目は、MPs(下院議員)のセクハラ、パワハラに関する問題で、元女性職員らが声を上げて避難しているという話。

そして三つ目は、Brexitという英国EU離脱に関する問題だ。

この三つのトピックが、イギリスのメディアが現在取り上げている大きなニュースだ。

 

イギリスのEU離脱は確かに興味がある。

移民に仕事を取られている状態のイギリスは、今後ワーホリのビザがとれなくなったり、就業ビザの取得がかなり難しくなる可能性もある。


f:id:kugo0828kageyama:20181018044553j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043225j:image

 

新聞を読んだ後、「ノッティングヒル」という地域へとやってきて、「ケンジントン宮殿」の前に来た。

宮殿の前には、エリザベス女王らしき女性の像が立っている。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043630j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018043857j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181018044919j:image

 

宮殿の前には大きな湖があって、白鳥やアヒルが群れをなしていた。


f:id:kugo0828kageyama:20181018043116j:image

 

大学の先輩がロンドンで働いていて、今夜会う約束をしていたので、ノッティングヒルのパブで一杯やることにした。

 

素晴らしいローカルパブを経験出来て満足だ。