ブレーメン

10/4 10:30

 

予約の都合上、一度チェックアウトをして、また15時以降にチェックインしなければならなかった。

昨日泊まった部屋は本日満室で、別の部屋が利用可能だったので予約を2回に分けてしたのだ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181004215120j:imagef:id:kugo0828kageyama:20181004215319j:image

 

ホステルを出てすぐ近くにあるカフェで朝食を食べた。

フレンチクルーラーとカフェラテで2.9€だ。

公共のWifiが使えたので少し長居させてもらうことにした。


f:id:kugo0828kageyama:20181004214912j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214924j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215415j:image

 

12:00頃

歩いて中心部へと向かう。

昨日と違って、街は人や自動車で賑やかだ。

中心部がどうなっているか楽しみだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181004215056j:image

 

昨日も来たSCHNOORという通りへとやってきた。


f:id:kugo0828kageyama:20181004214746j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215033j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215049j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215003j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214859j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215335j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214835j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214810j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215127j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215017j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215251j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214945j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215136j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215503j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214825j:image

 

相変わらずの良い雰囲気だ。

ブレーメンはギルドの街として有名な通り、工芸品やアクセサリーなどをハンドメイドで作っている店が多い。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181005011122j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181005011058j:image

 

広場にやってきて、大きな聖堂の中に入った。

1042年頃に建築された聖堂に、無料で入れるのは驚きだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181004214930j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215312j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215529j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215405j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215114j:image

中はとても広く、静かでどこか落ち着く雰囲気だった。


f:id:kugo0828kageyama:20181004215357j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215343j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215441j:image

 

聖堂の裏側には市場が開かれていた。

ちょうど昼食の時間だったので、ベーコンハムらしきものに卵とジャーマンポテトがついた料理6.9€を食べた。


f:id:kugo0828kageyama:20181004215431j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214847j:image

 

祝日であった昨日とは違って、アーケードも活気が出ている。

両側に店があって、立ち食いをしている人がいたり、花屋の花を見ている人がいる。


f:id:kugo0828kageyama:20181004215304j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004215453j:image

 

北ドイツの玄関口である「ブレーメン中央駅」へとやって来た。

大きな駅だけあって人が多く、飲食店なども充実している。


f:id:kugo0828kageyama:20181004215520j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181004214755j:image

 

スターバックスでコーヒーを飲みながら、フランスまでの宿泊先とバスを一気に予約した。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181005005024j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181005010147j:image

 

また広場へと戻ってきて、音楽隊の像の写真を撮り直した。

実は音楽隊も、昔はギルドの一つだったらしい。

ロバの両足をしっかり握って、今回の旅を安全に終えれるよう祈った。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181005005232j:image

 

ふと歩いていると、宝石屋の前に「東京まで9064km」と書かれた文字があるのを見て、遠くまで来たのだなと改めて実感した。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181005005529j:image

f:id:kugo0828kageyama:20181005005525j:image

 

17:00頃

ホステルへと向かう途中で、アメ屋を見かけたので中に入った。

ブレーメンは「製造業の街」だけあって色んなところに職人がいる。

 

f:id:kugo0828kageyama:20181005005516j:image

 

アメ職人が目の前でアメを作っていた。

どうやら一般の人に参加型のワークショップを開いているようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20181005005305j:imagef:id:kugo0828kageyama:20181005005438j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181005005227j:image

 

練られて細長く伸ばされたアメは、最後に手動の機械でプレスされ、一口サイズにカットされる。


f:id:kugo0828kageyama:20181005005311j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181005005043j:image

 

職人の手で作られているものが沢山売られているブレーメンの街は、ネット化が進むこの時代にはとても素晴らしく映る。


f:id:kugo0828kageyama:20181005005133j:image
f:id:kugo0828kageyama:20181005005224j:image

 

帰りにアイス1.1€と、ビール1.2€を買った。

この「BECK’S」という世界的に有名なビールは、ブレーメン発祥だ。

しかし、間違えてノンアルコールを買ってしまった。

 

ブレーメンは小さい街だが、来る価値がある。

ここにはいつかまた来ようと思う。

 

本日の出費は、

宿泊費18.18€、食費14.6€、ブリュッセル行きのバス代9€、ロンドン行きのバス代17€、パリ行きのバス代36.4€で、

合計95.18€