移動日(プラハ→ベルリン)

9/27 7:00起床

 

本日は朝からバス移動なので、いつもより早起きだ。

3日間お世話になった「Anatas hostel」をチェックアウトして、バス停へと向かった。

チェックアウトの際、フロントには日本語が少し話せるスタッフがいたが、自分が急いでいた為、ゆっくりと会話できなかったのが残念だ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180928040132j:image

 

20分ほど歩いてバス停へと到着した。

時刻は8:30過ぎだ。

今回は、いつも使っているFlixBusではなくEurolineというバス会社を使っての移動だ。

バスは時間通りにきて、予約確認もあっさりと終わった。

しかし、このバスにはコンセントはあれど、WiFiがついていなかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035925j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040137j:image

 

席に着くと、昨日買ったサンドイッチを朝食がわりに食べることにした。

コーヒー1.2€はバス停の露店で買ったものだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040032j:image

 

9:00

バスは出発した。

バス停の近くの橋を修復している様子が見える。

レンガを新しいものに変えているが、どこか歴史を感じさせるように作り直している感じだ。

 

------------------------------

13:45


f:id:kugo0828kageyama:20180928040005j:image

 

ベルリンに到着した。

英語の発音は「ベルリン」ではなく、どちらかというと「バゥリン」という感じだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040027j:image

 

とてもお腹が空いていたので、ベルリンのバス停近くにあるピザ屋で、ほうれん草のピザ3€を食べた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035856j:image

 

ホステルまでは電車だ。

地下鉄らしき入口を見つけたが、ここではなかった。

ベルリンの交通機関はややこしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035904j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040142j:image

 

なんとか駅に到着し、プレッツエル2つを1€で購入した。

食感は表面がザクザクで硬く、中はしっとりした感じのパンだ。

表面にはたっぷりの塩がかけられているので、結構しょっぱい。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035839j:image

 

地下鉄の駅は、ヨーロッパのどこにでもあるような感じだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040125j:image

 

面白い広告が目をひいた。

“私たちは、あなたが(これを見て)この牛乳をあなたのコーヒーに入れるようにするために、このポスターを作りました。”

直球すぎるメッセージが斬新で面白いと思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035741j:image

 

無事、ホステルの最寄り駅に着いた。

チェックインを終わらせて、街へと出る。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040117j:image

 

ここは「Haus Schwarzenberg」というストリートアートがそこら中に書かれた庭のような空間だ。

ベルリンの隠れた人気スポットでもある。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035901j:image

 

アンネの日記」でおなじみのアンネ・フランクの展示会がしていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040203j:image

 

この中に入ると両側の壁にウォールアートがずらっと描かれている。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040000j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035913j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040148j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035837j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040051j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040148j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040015j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035853j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035944j:image

 

ヨーロッパの“自由”という概念は、言動の自由という意味が強い気がする。

社会に対して声を上げて言えないことなどを、芸術や何かで表していることが多かったりする。

こういう文化の違いはとても面白い。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035754j:image

 

H&MやFOREVER21などは他の国でも見たが、UNIQLOは今回の旅で初めてだ。

さすが大都市だと思った。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180928040043j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035402j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035744j:image

 

見えてきたのは「ベルリンテレビ塔」だ。

昔の姿を残したカトリック教会の後ろに、この近代的な塔がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035950j:image

 

その前には「赤の市庁舎」と「ネプチューンの噴水」がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035955j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035834j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035434j:image

 

ネプチューンの噴水は大きくて、水の勢いが強い。

しかし、観光客はそこまでいない。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035916j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040102j:image

 

次にユネスコ世界遺産に登録されている「博物館島」と呼ばれる区域に来た。

島と言ってもネプチューンの噴水から橋を渡っただけだ。

まず右側に大きな「ベルリン大聖堂」が見えた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035941j:image

 

聖堂の前には「ルストガルテン」と呼ばれる大きな広場がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035938j:image

 

そこはあたり一面芝生になっていて、人々は芝生に寝そべっていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035757j:image

 

奥には「旧博物館」がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040020j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040030j:image

 

聖堂は中々大きくて存在感がある。

入場料は7€ほどするらしい。

時間が余れば、行ってみてもよいと思う。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040041j:image

 

市内を歩いていると、謎の大きな石造りの建物が出てきた。

中にはポツンと一つのモニュメントがあるだけで、スペースをかなり贅沢に使っている。

不思議な空間だなと思って、説明を見ると、日本語の説明もあったが内容はよくわからなかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035910j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040311j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040037j:image

 

ここは「ジェンダルメンマルクト」と呼ばれる広場だ。

冬にはクリスマスマーケットをやっているらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035746j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035737j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035351j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035749j:image

 

チェリーのアイスを1€で買って、歩きながら食べた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035850j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035919j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035844j:image

 

ここはビジネスエリアなのか、スーツを着たビジネスマンらしき人たちが退勤しているようだった。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040119j:image

 

「チェックポイント・チャーリー」に到着だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035931j:image

 

ここは冷戦時代、東西に分かれていたベルリンの検問所らしい。

ここでアメリカ兵と、旧ソ連兵が睨みをきかせていたようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040113j:image

 

現在では、かなり陽気なアメリカ兵がここで待機している。

実際彼らはアメリカ人ではなく、彼らとの写真撮影は3€必要だ。

自分がカメラを向けると、気さくにポーズをしてくれた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040108j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040129j:image

 

ここが検問所で、昔使われていたスタンプをパスポートや手帳に押してくれる。

もちろん有料で、6€必要だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928035829j:image

 

チェックポイントの先には、昔の建物風のスタバがあってお洒落だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040341j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035355j:image

 

19:30

また少しお腹が空いてきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040151j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035935j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040008j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035404j:image

 

チェックポイントの近くでやっていた野外の露店で、「カリーヴルスト」2.8€を購入した。

カリーヴルストはドイツを代表する屋台飯で、揚げた肉厚のソーセージにケチャップとカレー粉をかけたものだ。

味は美味いが、家庭でも作れそうだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040158j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040056j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928035358j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180928040155j:image

 

ベルリンの夜景を撮りながら、ホステルへと向かった。


f:id:kugo0828kageyama:20180928040209j:image

 

途中でスーパーマーケットによって、簡単に食材を購入し、ホステルのテラスで食べた。

ベルリンは物価が高い。

これからの旅は無駄な出費を抑えよう。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費24.5€、食費15.15€、電車賃2.8€で

合計42.45€