プラハ2

9/26 8:30起床

 

f:id:kugo0828kageyama:20180927034801p:image

外の気温は3度だ。

色々と準備をしていたら外出は11時になった。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180927033916j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034005j:image

 

旧市街を抜けていく。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034617j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033718j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033852j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033938j:image

 

朝食と昼食の代わりに、アップルシナモン味のTrdelník5€を買うことにした。

砂糖をまぶしたパンの中にはリンゴを甘く煮たものと、甘さ控えめの生クリームがこれでもかという程入っている。

かなり甘ったるいが美味しかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033839j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033815j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033752j:image

 

ここは「チャールズ橋」の入口だ。

門をくぐると橋となっている。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034606j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033701j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033931j:image

 

橋の奥には、プラハ城とその城下町が太陽の光で色鮮やかに輝いている。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033801j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033906j:image

 

橋の上には数十体の像があった。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033901j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033723j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033742j:image

 

どうやらこの像に触ると縁起が良いようで、観光客がぞろぞろと集まっていた。
f:id:kugo0828kageyama:20180927033948j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034941j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034611j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033956j:image

 

橋を渡りきると、また違った雰囲気の街が出てくる。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033613j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034721j:image

 

昔の宝石屋のような看板があったりする。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033910j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033835j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033922j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033804j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033819j:image

 

プラハ城へと向かっていく。

斜面は急になり、どんどん高いところへ登っている。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034657j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034633j:image

 

1375年からやっているプラハ最古のパブが出てきた。

ここでは中世のショーが観れるようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033727j:image

 

パブの前には、プラハ城へと繋がる長い階段がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033705j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033710j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034704j:image

 

階段の途中で見る眺めはなかなか良い。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033826j:image

 

階段を登りきると「フラチャニ広場」が出てくる。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034643j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034710j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033927j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034701j:image

 

すると何やら大勢の人だかりがスマホを片手に何かを待っていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034603j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927035048j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033646j:image

 

どうやら毎日12時に行われる衛兵の交代式がちょうど始まったようだった。

本当にタイミング良く、ここに到着出来た。

無表情の衛兵は音楽に合わせて行進を続けた。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033639j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034620j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033934j:image

 

広場で少し休憩した後、プラハ城の敷地内へと入った。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033748j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033738j:image

 

簡単な持ち物チェックをして、無料で中に入った。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034554j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927035110j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180927033844j:image

 

これは「聖ヴィート大聖堂」と呼ばれていて、戦争の戦火に巻き込まれず奇跡的に残った聖堂だそうだ。

中世の姿がそのまま残っている聖堂は世界でも珍しい。

裏側は工事中であった。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034624j:image

 

この建物の裏側にプラハ城がある。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180927035123j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033650j:image

 

聖堂もプラハ城も中には入らず、周りをぐるっと一周した。

聖堂もプラハ城も入場料が必要で、もともと行くつもりでもなかった為、外からの眺めで十分だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034651j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033715j:image

 

城の敷地内には綺麗んk整備された庭園があった。

ここでのんびりとベンチで休憩した。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033811j:image

 

プラハ城の敷地から出てずっと丘をくだっていく。

誰もいないルートだ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180927033822j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180927033952j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033653j:image

 

なんとか城下町にたどり着いた。

プラハは街並みが本当に綺麗だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034124j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034755j:image

 

ここは「ジョン・レノンの壁」と言われる観光スポットだ。

チェコ共産主義だった頃、言動の自由を制限されていた市民がこの壁に思いを書き込んだらしい。

自由の象徴としてジョン・レノンの写真を誰かが持ってきてから、そう呼ばれるようになったとのことだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033642j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034638j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033857j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033832j:image

 

ここでは実際に誰でもペイント出来るようになっていて、自分が行った時も何人かが缶スプレーでペイントをしていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033945j:image

 

“自分の夢を売るな”と書いている。

ちゃんと歴史の背景がある場所だけに安っぽいただのペイントアートには見えなかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180927033847j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927034559j:image

 

またチャールズ橋を逆から渡って元の道をもだっていった。

 

15:00

ホステルへ戻って、少し休憩することにした。

 

------------------------------

18:30


f:id:kugo0828kageyama:20180927033732j:image

 

夕食は昨日昼に行った大衆食堂でチキングヤーシュに米と生ビールを頼んだ。

チキングヤーシュは、味が濃いめの八宝菜を米にかけて食べている感覚だ。

お会計は6.4€だ。

プラハはそこまで安いわけでもない。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034717j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180927033756j:image

 

チェコの通貨を消費する為に夜の街を歩いた。

市民会館は綺麗にライトアップされている。


f:id:kugo0828kageyama:20180927034002j:image

 

明日の朝食にサンドイッチを買って、さらにビールを飲むことにした。

チェコ最後の夜はもちろんチェコビールだ。

明日はドイツの首都ベルリンに向かう。

独裁者アドルフ・ヒトラーが統治していた大国だ。とても楽しみである。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費10.2€、食費17.5€

合計27.7€