ブラチスラバ

9/14 朝9:00

 

ホステルを出て、朝のブラチスラバの街並みを歩いていた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916024406j:image

 

社会主義国であるスロバキアはどんな顔をしているのだろうかと考えていると、パン屋が見えたので朝食を買うことにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024417j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024025j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024357j:image

 

惣菜系のパンから菓子パンまで種類が豊富だ。1.5€と書いたチョココロネをレジに持っていくと、「0.75€」と言われた。

びっくりして一瞬戸惑ったが、値札は別のパンのものらしかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024128j:image

 

パンを食べながら歩いていると壁に耳がついた変わった建物があった。

「壁に耳あり障子に目あり」とはスロバキアでも言うものなのか。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024332j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024942j:image

 

出てくる建物がどれも質素だ。

どこか華やかさがない。

 

観光名所の一つである「青の教会」に着いた。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024348j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024138j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024042j:image

 

今まで見た教会とは違う独特な雰囲気だが悪くはない。

中には入ることが出来ないので、外から写真を撮っていると、横でお祈りをしていたお婆さんが「こっちで撮りなよ。よく見えるよ。」と親切に言ってくれた。

スロバキアの人は優しい。

 

ブラチスラバは首都であるが、2時間あれば全て見てまわれるほど小さい。

観光の中心地でもある旧市街へと歩いた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916024125j:image

 

旧市街の入口では、宙に浮いている鉄格子がいきなり出てくる。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916024341j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916023503j:image

 

ブラチスラバでは警察が馬に乗っていると聞いたことがあるが、本当に見たときは驚いた。

一つの観光パフォーマンスにも思えるが、街が平和そうでなによりだ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916024337j:image

 

この「ブラチスラバ市歴史博物館」の建物の中をくぐっていくと、中心地である「中央広場」に出てくる。
f:id:kugo0828kageyama:20180916023516j:image

 

ここではお土産を売る露店があったりするが、決して大きな広場ではない。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024402j:image

 

驚いたのは、中心地である広場に日本の国旗があることだ。

日本大使館が大きな国旗を掲げて陣取っていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180916030056j:image

 

「ロランド噴水」が広場の中心にあって、その後ろにはレストランやお土産屋が並んでいる。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024146j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024034j:image

 

この地面から顔を覗かせている男性の像は、「Man at work」というものだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180916023507j:image

 

こちらは「Schöne Náci」という像で、アイスクリーム屋の隣にあった。

 

本来、ナポレオンの銅像が広場にあるはずだが、自分が行った時はなぜか撤去されていた。

 

ブラチスラバではこういったユーモア溢れるアートが沢山あるようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024017j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024022j:image

 

博物館の横に「Jesuit教会」というカトリック教会があったので入ってみることにした。

教会の中で少し涼んでから、また外を歩いた。


f:id:kugo0828kageyama:20180916023459j:image

 

観光客向けの自動車がゆっくりと石畳の上を走っている。


f:id:kugo0828kageyama:20180916023944j:image

 

空き缶がぶら下がっていたりもする。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024030j:image

 

ここは割と有名な「Prašná bašta」というレストランでスロバキア料理が食べられるらしい。

観光地のど真ん中にあるということもあり、値段は高そうだった。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024414j:image

 

お土産屋では魔女の人形が売っていた。

大昔にヨーロッパで起こった「魔女狩り」もホロコーストと似た一種の大虐殺だ。

当時、人々は本気で魔女の存在を肯定していて、魔女らしき人は男女問わず殺害したとのことだ。

そんな魔女が何世紀も経て、こうしてマスコットキャラクターとして売られているのは滑稽だった。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024158j:image

 

ここは「ミハエル門」と呼ばれるところで旧市街への入口だ。

中世からの姿が残ったままらしい。

歩いていると、急にバイオリンの音が鳴って路上ライブが始まった。

こういうところは、さすがヨーロッパだなと思う。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024344j:image

 

また少し歩いて、たまたま通りかかったカフェに入ることにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180916023827j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024409j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024046j:image

 

チョコラテ2€を注文し、本を読んだりして休憩することにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024134j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024203j:image

 

カフェを出てまたまた歩く。


f:id:kugo0828kageyama:20180916023948j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916023956j:image

 

出てきたのは「中世の壁」だ。

14世紀から15世紀にかけて作られたこの壁はもともと厚さ150mもあったらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024354j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916023512j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024008j:image

 

奥には「聖マルティン大聖堂」が見える。

昔はそこでハンガリー帝国の戴冠式が行われていたブラチスラバを統括するカトリック教会である。

 

壁の前にある丘に登ると、「ブラチスラバ城」が見えてくる。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024149j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916023831j:image

 

城からみるブラチスラバの街並みは、相変わらずどこか質素だった。

橋の上に見える楕円形のような建物は、「UFO」というところでブラチスラバの街が一望できるらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024000j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180916023951j:image

 

ブラチスラバ城はその四角から、テーブルをひっくり返したような形と言われている。


f:id:kugo0828kageyama:20180916024121j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916024141j:image

 

日も暮れてきたので、ホステルへと向かうことにした。

ブラチスラバの街は大体全て見たことになるので、ウィーン行きのチケットを買おうと思った。

 

帰りにスーパーで晩ご飯の食材を5.71€で買い、カフェでサンドイッチ2.5€を買って帰った。

f:id:kugo0828kageyama:20180916032901j:image

 

本日の夕飯は自炊して、トマトボロネーゼパスタを作った。

 

洗濯を待っている間に、地下のバーで一杯やることにした。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916033224j:image

 

するといきなりゲームが始まった。

そそくさと席を外し、部屋へと戻ることにした。

海外のドリンキングゲームはどうもノリが苦手だ。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費17€、食費10.96€、お土産代2.5€、ウィーン行きバス代8€で

合計38.46€