移動日(ブダペスト→ブラチスラバ)

9/13 午前11時

チェックアウトを済ませて、ホステルのすぐ下にあるケバブ屋で朝食を食べた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916020012j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916015949j:image

 

このケバブ2.5€はマヨネーズがたっぷり入っていて、ザ・太る飯だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180916020126j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020005j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020202j:image

 

朝食を終えて、すぐ近くの地下鉄の駅に降りて切符1.1€を購入。


f:id:kugo0828kageyama:20180916015958j:image

 

改札は簡単な機械が立っているだけで、そこに切符を通すと切符を切り取ってくれる。


f:id:kugo0828kageyama:20180916020028j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020142j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020020j:image

 

ほぼ時間通りに電車は到着し、無事にバス停までたどり着いた。

 

------------------------------

入国審査をすることもなく、バスはスロバキアの首都ブラチスラバに到着した。

なにもない殺風景が広がる。


f:id:kugo0828kageyama:20180916020104j:image

 

質素な建物の中に突然アマゾンとチューリッヒオフィスビルが登場した。


f:id:kugo0828kageyama:20180916020049j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020156j:image

 

ホステルまでの道で、路面電車が走っていた。

しかし、道路には車もあまり走っていなく、どこかすっからかんな雰囲気だ。

 

「Patio Hostel」でチェックインを済ませて、外に出ることにした。

このホステルは2泊で37€と決して最安なわけではないが、洗濯・乾燥機の使用が無料なのと、地下にあるバーで使えるワンドリンク券をもらえることが魅力的だったので予約した。

洗濯代とドリンク代を含めると考えると、かなりリーズナブルなホステルだ。

 

16:00ごろ

かなり早いが、お腹がすいたので夕食をとることにした。

ホステルの受付で聞いた「Kláštorný Pivovar」というレストランは値段も悪くなく、地元民でも行くところらしい。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916020113j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180916020148j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020056j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020118j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916020043j:image

 

ここでは生ビール小と、ニンニクのスープ、ソーセージを注文した。

 

想像よりも値段は少し高い。

クロアチアハンガリーの安さを経験して、ユーロ圏に戻ってくると一気に高くなった気がする。

 

しかし、ニンニクのスープは美味しいし、ソーセージもビールに合って満足だった。

量が多くて、ついに完食することが出来なかった。

お会計は11.3€でチップはなし。

 

移動日は疲れが溜まりやすいので、ホステルへ帰ってゆっくりすることにした。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費17€、食費14.9€で

合計31.9€