ブダペスト2

9/13  

ブダペストは1日では周りきれなかったので、もう1泊することにし、泊まっていたホステルも「Marverc hostel」に変更した。

 

13:00

本日は、ブダペストにあるヨーロッパ最大のシナゴーグ「ドハーニシナゴーグ」へと向かった。

シナゴーグというのは、ユダヤ教徒が礼拝を行う場所だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183419j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183519j:image

 

真昼間からシナゴーグの前には長蛇の列があったが、10分程でチケットカウンターまでたどり着いた。

通常4,000フォリントだが、ここでも学生料金の3,000フォリント(約1200円)で入ることができた。

人が多かった為か、学生証の提示は必要なく入れた。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183650j:image

 

中に入るとまず持ち物検査がある。

なぜか持ち物検査でひっかかったが、ボディチェックだけで特に何もなく入れた。

むしろ警備員に「Are you from Japan? Ninja! You have shuriken! (日本から来た?忍者でしょ!手裏剣持ってんじゃない?」と陽気にからかわれた。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183430j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915190928j:image

 

入り口から入って右手にシナゴーグがある。

壁一面に、イスラエル国旗にもある星のデザインが描かれていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183459j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180915184005j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183406j:image

 

シナゴーグに入るとすぐ、入口に立っている老人から紙でできた帽子を受け取った。

男性はこれを被らないといけないようだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183337j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183557j:image

 

ヨーロッパ最大とだけあって、シナゴーグの中はとても広かった。

キリスト教の教会同様に、前に祭壇があってお祈りする人々が座る席がずらっとある。

自分が行った時は、席の横に各国の国旗があって、そこでその国の言語でシナゴーグについての説明がされていた。

アジア系の国の国旗は無かったが、たまたま日本人のツアーらしき団体がいて、日本語での説明があった。

 

シナゴーグを出て横にはWifiの繋がる博物館がある。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183359j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183744j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180916004640j:image

 

ホロコーストと言うよりは、ユダヤ人やユダヤ教の歴史に関する展示品も多くあるようだ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180915183704j:image

 

“1941年から1945年の間、ドイツナチスとその支配下であったハンガリーは、50万人近くものハンガリーユダヤ人を殺害した。

ホロコーストの10人に1人の被害者、または、当時アウシュビッツにいた3人に1人の被害者は、ハンガリー人だった。”


f:id:kugo0828kageyama:20180915183437j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183737j:image

 

“この窓から、ブダペスト収容所の前門が見える。その門は1994年の冬に建てられた。大勢のユダヤ人が収容所に収監され、飢餓や冷えで痛めつけられ、爆弾による大量殺人が行われた。2000人以上の被害者がこの庭に埋められた。今日では、この窓からはハンガリーにおいて最も大きなホロコーストの墓をみることができる。”


f:id:kugo0828kageyama:20180915183346j:image

 

シナゴーグと博物館の間にある庭にやってきた。


f:id:kugo0828kageyama:20180915183454j:image

 

“収容所は1995年1月18日にソビエト赤軍によって解放された。身元確認と死骸の埋葬は、シナゴーグの庭で行われた。”


f:id:kugo0828kageyama:20180915183443j:image

 

“矢十字党(ハンガリーナチス)による恐怖政治や長い苦しみに続いてくる飢餓の後、庭の24つの集団墓跡に2281名の被害者が埋められた。”


f:id:kugo0828kageyama:20180915183700j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183639j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915183729j:image

 

ホロコーストの歴史は本当にえげつない。

普通の人間が、ある民族に対して異常なまでに憎悪を覚えて、絶滅させようとした黒歴史だ。

クロアチアで出会ったドイツ人と話をした際、面白いことを聞いた。

「今のドイツ人は少なくとも親族か親族の知り合いに、元ナチスだった人がいると思うよ。私の叔父の知り合いもナチスだった。でも、おかしいよね。あんなに狂っていた国なのに、今では国民からはそんな要素が一つも感じれない。」


f:id:kugo0828kageyama:20180915183542j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180915183624j:image

 

この鉄で出来た木には、ホロコーストの被害者の名前が刻まれている。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180915184045j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915184101j:image

 

シナゴーグがあるこの17地区はユダヤ人街だ。

道ではユダヤ教の帽子を被った人が歩いている。

しかし、現在ブダペストにはほとんどユダヤ人は住んでいないらしい。

ヒトラーの望み通り、この地ではほぼ「絶滅」したのだろう。


f:id:kugo0828kageyama:20180915184025j:image

 

ユダヤ人街を歩いていると出てきたのは、屋台が並ぶフードコート。


f:id:kugo0828kageyama:20180915184010j:image

 

そこではずっと食べたかった「Langos」を食べることにした。

薄く伸ばしてあげた小麦粉のようなものの上にヨーグルトソースとチーズがたっぷりのっている。

脂っこく、チーズが重たいので半分ほどしか食べきれなかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180915184053j:image

 

有名だと言われている「New York Cafe」は中に入るだけで食事はしなかった。

宮殿で食事をするような気分になる内装だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180915184041j:image

 

続いて来たのは「恐怖の館」。

ここはハンガリー民共和国時代や共産主義時代の様子を展示した博物館である。

入場料は3000フォリント


f:id:kugo0828kageyama:20180915184033j:image

 

博物館の前には、ドイツの「ベルリンの壁」の一部があった。ナチスに加わった一つの国として、その責任の重みを請け負おうということなのだろうか。


f:id:kugo0828kageyama:20180915184015j:image

 

その横には西欧、東欧を分ける象徴となった「鉄のカーテン」がある。

物理的に実際にあったわけではなく、鉄のカーテンという言葉がよく使われたらしい。

 

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916013248j:image

 

中はカメラ持ち込み禁止だったので撮影は出来ない。

博物館の中には、展示物や歴史を説明するA4用紙が何十枚も置かれている。

留学中の課題の量と同じくらいの英文を読むことになる。

時間がもったいないのでその場では読まず、空き時間に読むことにした。

 

博物館の地下は実際に使用されていた拷問部屋や牢屋があった。

そこで多くの人が殺されたらしい。

第一次世界大戦ハンガリーは国として崩壊した。

その後、政府は必死に考えた結果、ソビエト連邦とドイツの同盟国になることを決断した。

そこからユダヤ人の大虐殺を含む暗黒時代が始まった。

 

------------------------------

16:00ごろ

一旦ホステルでチェックインをして、「ブダ城」へと向かった。

 

 

f:id:kugo0828kageyama:20180915184450j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180916013944j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916013949j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916013954j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180915184433j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180915184415j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180916014036j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916014029j:image

 

階段を登って、ブダ城がある丘の上へとやってきた。

しかし、どの建物がブダ城なのかわからなかった。

というのも、ブダ城は戦争で崩壊し、20世紀半ばに建て直されたらしいので比較的新しい方なのだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180916014344j:image

 

ブダ城から北に数分歩くと、「マーチャーシュ聖堂」が出てくる。

ライトアップがとても綺麗だ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916014437j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180916014327j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180916014335j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916014340j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180915184420j:image

 

聖堂の前にあるのは「漁夫の砦」だ。

岩で作られたその砦は、ブダ城よりもずっと城らしい。

 

これでようやくブダペストの観光地はほぼ全部見れた。

大満足すると日も暮れてきてお腹が空いてきた。

 

当然レストランは調べておいた「Grinzingi Borozó」に行こうと考えていた。

幸いにもホステルの裏のとおりにあるようだ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916014832j:image

 

ちょうどディナーの時間ということもあって店内は人で賑わっていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180916014838j:image

 

あっさりと席に座れて、シュニッツェル(カツ)とビールを注文した。


f:id:kugo0828kageyama:20180916014820j:image

 

もちろんWiFiもしっかり聞いておく。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916014826j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180916014813j:image

 

やってきたのはジョッキでキンキンに冷えた生ビールと、揚げたてのシュニッツェルだ。

備えつけのポテトが嬉しい。

シュニッツェルは日本のトンカツほど重たくなく、薄い豚肉をサクッと揚げた料理だ。

生姜焼き用の肉のような食感だ。

 

ビールを飲んだので腹もしっかりと満たせた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180916014847j:image

 

帰りに隣にあったスーパーでプレッツェルと缶ビールを買ってホステルで飲むことにした。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費11.6€、食費14.7€、シナゴーグ・恐怖の館18€、ブラチスラバ行きのバス10€で

合計54.3€