ブダペスト1

9/12 9:00

 

パリのシャンゼリゼ通りを真似て作ったと言われている「アンドラーシ通り」を歩いていた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912020248j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020238j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015636j:image

 

シャンゼリゼ通りを見たことがないので比べようがないなと思いながら、公園にずっと向かって歩いていった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020438j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015611j:image

 

歩くこと30分。

見えてきたのは大きな「英雄広場」だ。

ハンガリーがまだ、オーストリア=ハンガリー帝国であった時代に建設された。

モニュメントの上には、大天使ガブリエルがいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020229j:image

 

公園み入ってすぐ右手に「ヴァイダフニャディ城」だ。

ここは895年のハンガリー人によるカルパチア盆地征服から1000年記念として、1896年に建てられた。

現在その中は博物館となっており、ヨーロッパ最大の農業博物館らしい。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912020235j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015545j:image

 

敷地内にはあっさりと無料で入ることができる。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912020504j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020600j:image

 

オリンポス12神らしきような像をのせた建物がとても気になった。

彼らのうち1人がネプチューンであることがわかった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020043j:image

 

その建物の前には不気味な像がポツンとあった。

これは「アノニマス(匿名)」と呼ばれる像で、頭巾をかぶっていて表情が読み取れずかなり不気味だ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912015608j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020018j:image

 

すぐ側に露店があった。

サラミサンドイッチが約1.6€だった。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912015646j:image

 

城の向かいにある湖のほとりで、ガチョウにパンを投げ与えながら朝食を食べた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020021j:image

 

公園の中をしばらく歩くと、ヨーロッパ最大の温泉「セーチェーニ温泉」が出てくる。

温泉施設の前はガーデニングが広がっていて、庭師が花を整えていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020034j:image

 

中に入ると教会のような見事な天井があった。

ここは1913年に建設されたらしい。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020614j:image

 

ここがおそらく男性の更衣室へと繋がる道だ。

朝からヨーロッパ式の温泉に入る気はせず、外に出ることにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020519j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020510j:image

 

ハンガリーシャンゼリゼ通りを元の方向に戻っていった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015706j:image

 

1858年にできた「ハンガリー国立歌劇場」は第二次世界大戦の戦禍を免れたとしても有名だ。

しかし、工事中であった。非常に残念だ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912023250j:image

 

昼食を食べようと適当に店に入ることにした。

現地の人が利用するようなファストフード店だ。

そこで、ホワイトシチューのようなものとコーラを頼んで約4.5€だった。

味はまったくホワイトシチューだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180912022934j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020226j:image

 

昼食を終えて、再び歩き出すとすぐ大きな教会らしき建物が見えた。

「聖イシュトヴァーン大聖堂」だ。

ここにはハンガリー初代国王イシュトヴァーン1世の右手のミイラが納められているらしい。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912024730j:image

 

聖堂へ入る前に、となりにあった「California Caffe」で一休み。

アイスチャイティー2.5€を注文した。

Wi-Fiもコンセントもあるこのカフェは居心地抜群だ。

 

カフェタイムを終えて聖堂へ入った。

入場料は無料だが、寄付という名目で1€払うことになっている。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912020549j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015703j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180912020333j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020233j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020442j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180912023000j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020205j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015627j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020604j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020328j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020618j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020541j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020537j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015948j:image

 

聖堂はとても広く、その天井はかなり高かった。

結局、右手のミイラを見つけることは出来なかったが、1€で入れるにはかなりコスパの良い聖堂だ。

神聖な空気に包まれた聖堂内部は居心地がよかった。

 

聖堂を出て、ドナウ川方面へと歩いた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020454j:image

 

ラーメンはどこでもあるが、この店のセンスは割と日本よりではないかと思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020544j:image

 

少し歩いて到着したのは、「国会議事堂」。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015547j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020313j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020513j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015712j:image

 

とても大きいこの建物の高さは、先程の聖堂と同じとのことだ。

この国会議事堂と聖堂が、高さにおいてはブダペストでツートップだ。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020306j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020011j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020315j:image

 

国会議事堂の周りをまわって、ドナウ川沿いに辿り着いた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015558j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020524j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020254j:image

 

しばらく川沿いを歩くと、銅で出来た無数の靴があった。

ここは「ドナウ川遊歩道の靴」と呼ばれていて、ユダヤ人迫害のホロコーストの歴史に関係する場所だ。

 

1944年から1945年に、多くのユダヤ人がここで靴を脱ぐよう指示された後、銃殺されたらしい。

撃たれた体はそのままドナウ川に落ちていくため、この場所が選ばれた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020556j:image

 

その歴史を考えた後、ドナウ川を見るとゾッとした。

水面は陽の光で輝いているが、その川底奥深くには人々の無念がつまっている気がした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020024j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020156j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020610j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020530j:image

 

ホロコーストは日本ではあまり注目されることがないが、ヨーロッパ人と話していると頻繁に話題に出てくる。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020310j:image

 

セーチェーニ鎖橋」を眺めながら、感慨深くなっていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020259j:image

 

14:00

ブダペスト一大きな市場「ブダペスト中央市場」へと向かった。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912020433j:image

 

印象的な建物はすぐにそこが市場だとわかる。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020436j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020533j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180912023035j:image

 

中に入ると、外観からは想像出来ないほどの大きな市場だった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015656j:image

 

ハンガリーで有名な高級料理フォアグラが売っていた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015648j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180912023111j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020208j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020459j:image

 

1階は肉屋、八百屋、香辛料屋などが並んでいる。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020345j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020451j:image

 

2階はお土産屋や食堂があった。

ここでハンガリー国旗のワッペン2.7€を買った。

 

市場を出て、「ゲッレールト山」に登った。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020040j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020243j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020159j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020330j:image

 

標高235mの頂上には「自由の像」がある。

頂上まで上がるのは30分弱かかるので、かなりの体力勝負だ。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912023146j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015554j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180912045157j:image

 

おそらくブダペストで最も高い場所から見る街は文句なしの絶景だ。

夕暮れを知らせるかのように、日差しが照ってきたので急いで降りることにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020552j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020202j:image

 

降りる途中にはランドマークの十字架があった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020325j:image

 

歩いて「セーチェーニ鎖橋」へと向かっていると、「ブダ城」が顔を出した。

ここは明日行くことにしよう。

 


f:id:kugo0828kageyama:20180912020502j:image

 

セーチェーニ鎖橋の前で、ジェラートを買うことにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015652j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020014j:image

 

ベリー系のジェラートは2.2€だった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020037j:image

 

セーチェーニ鎖橋の入口にはライオンの像がいた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020338j:image

 

橋を渡ってずっとまっすぐ行くとビジネス街が出てきて、退勤しているハンガリー人を見ることが出来た。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020321j:image

 

本日の夕飯はここ「Kisharang Étkezde」だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015709j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015951j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020516j:image

 

食べてみたかったチキンカレーと白ワインを頼んだ。

味はなんの驚きもない想像どおりの味だった。

これはカレーではないのだが、アジアにあるカレーに近いような味だ。

お会計は7.5€だった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015642j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020251j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015613j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015630j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912015714j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020304j:image

 

食事を終えて近くの公園を歩いた。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015633j:image

 

また国会議事堂へと来て、夕日を楽しむことにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015550j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180912020445j:image

 

また、靴の場所に来た。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020347j:image

f:id:kugo0828kageyama:20180912023217j:image

 

夕日に照らされる靴は余計に哀愁が漂う。


f:id:kugo0828kageyama:20180912020342j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912020030j:image

 

聖堂まで歩いてきて、昼行ったカフェにまたお邪魔することにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912015605j:image

 

アイスチャイティーを再び注文した。

歩き疲れた体に、甘く冷たい紅茶が染み渡る。

 

20:00

カフェを出て夜景を見に行くことにした。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180912045056j:image

 

カフェを出てすぐある聖堂は、昼間とは違った姿をしていて存在感があった。


f:id:kugo0828kageyama:20180912045103j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912045059j:image

 

セーチェーニ鎖橋は派手にライトアップされていた。

まあ綺麗と言えば綺麗だが、人工的な感じが前に出すぎている気がしなくもない。


f:id:kugo0828kageyama:20180912045106j:image

 

そして国会議事堂のライトアップ。

ここはレベルが違った。


f:id:kugo0828kageyama:20180912045119j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180912045115j:image

 

建物の前にある水鏡に映し出される姿は圧巻だ。

ブダペストの夜景にかなり満足してホステルへ向かうことにした。


f:id:kugo0828kageyama:20180912045110j:image

 

帰りにスーパーで缶ビール1€、ピザ屋でピザ1枚1€を買って帰った。

 

ブダペストはもう一泊することに決めた。

明日は「ブダ城」や「漁師の砦」に行くとしよう。

 

本日の出費は、

ホステル宿泊費10.13€、食費24.9€、チップ代1€、お土産代2.7€で、

合計38.73€