ローマ

8/30 19時ごろローマ到着。

長い移動時間に疲れてチェックインするなり、シャワーをしてから死んだように就寝。

 

8/31 06:00起床

出勤中のイタリア人たちの中を歩いていく。

2.5€で食べられるサンドイッチ屋があったのでそこで朝食を食べる。昨日の夕方から何も食べてないのでかなり美味く感じた。

f:id:kugo0828kageyama:20180902144112j:image

 

ローマは街並みが本当に綺麗で、どこに行っても映画の世界のようだ。

そして、そのままトレビの泉に行った。時刻はおよそ8時くらい。


f:id:kugo0828kageyama:20180902144547j:image

 

思っていたよりも大きい。だが、一度来れば良いかなと思った。

コインを投げることもせずに、パンテオンへと向かった。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180902144834j:image

 

パンテオンも壮大であった。もし自分が建築家ならばとても興奮していただろうと思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180902144832j:image

 

パンテオンの裏側が、日の出の光を浴びて美しく輝いていた。

 

そのままナヴォーナ広場へと歩き続けた。


f:id:kugo0828kageyama:20180902144824j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180902144821j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180902144828j:image

 

美しい。初めて行くヨーロッパの「●●広場」。朝は比較的観光客が少ないようで、あたりは静寂に包まれていた。

 

立派な噴水が3つあり、そのうちの一つであるネプチューンの噴水をどうしても見ておきたかった。

 

トレビの泉、パンテオンもそうだが、予備知識があればもっと面白かったに違いない。

歴史を目の前にして、何もわからない勉強不足な自分を悔しく思い、その場を離れた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180902145756j:image

 

ヴィネツィア広場に到着し、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂の前で写真を撮る。粋なイタリア紳士も一緒に取ることが出来た。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145737j:image


f:id:kugo0828kageyama:20180902145809j:image

小腹が空いたので、ピザ屋に立ち寄った。

ピザ一枚1.2€と、好きなパン+カプチーノのセット2.6€の昼食をとった。

パンは、クロワッサンを選んだ。

とても美味しいというわけでもないが、悪くない昼食だ。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145746j:image

 

朝から4時間ほど歩きっぱなしだったので、泊まっているゲストハウスに一度戻ろうと思った。

帰路にカルボナーラ発祥の店「HOSTARIA LA CARBONARA」が見え、夜19時に予約を入れた。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145701j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180902145722j:image

そのまま店を出て北東にずっと歩くと、サンタ・マリーア・マッジョーレ教会に着いた。

金曜の昼時なのでミサはしておらず、入場料は無料だった。

大きなステンドグラスの窓が綺麗で、中はとても静かだった。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180902145707j:imagef:id:kugo0828kageyama:20180902145731j:image

 

ローマにある主要な駅であるRome Termini駅がゲストハウスからの最寄り駅であった。

昨日夜に到着した際は、初めて来る土地への緊張と疲労でわからなかったが、Rome Termini駅はかなり大きな駅であることがわかる。

駅をでるとすぐローマ法王のモニュメントがあり、柔らかな表情でローマの街を見守っているように感じた。

 

--------------------------------------

午後13:00

 

真実の口を見ようと、また外を歩いた。

朝と違って強烈な日差しが降り注ぐ。

水を常備していないとかなり厳しい。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180902145710j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180902145743j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180902151626j:image

 

目立つ赤褐色をしていて、人がたくさんいるということから、真実の口がある教会はすぐにわかる。

真実の口の前には長い行列が出来ていたため、正面からの撮影は断念。

しかし、横からでもフェンス越しに写真を撮ることは出来た。

 

真実の口を後にして、フォロロマーノコロッセオがある方へ向かった。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145803j:image

 

フォロロマーノの入口付近でテレビ中継をしていた。

もし、このテレビ関係者がいなければ、フォロロマーノのベストショットを撮れていたかもしれないのにと少しだけ思った。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145713j:image

 

その大きさを考えると、外から写真を撮る方が良いに決まってると考え、中に入ることは断念し、外からの撮影を楽しんだ。



f:id:kugo0828kageyama:20180902145718j:image
f:id:kugo0828kageyama:20180902145728j:image

 

コンスタンティヌス凱旋門コロッセオと教科書で見た風景が目の前に広がっていることに感動した。

ここでグラディエーター達が猛獣と戦闘し、人々はそれを娯楽として楽しんだのかと考えるとゾッとした。

西ローマ唯一の皇帝であることを証明する為にコンスタンティヌスが作らせた凱旋門も、当時のローマ帝国の繁栄を思わせた。

 

f:id:kugo0828kageyama:20180902145806j:image

 

気温自体は日本よりも低いであろうが、日差しが強いためかなり暑く感じた。

1.5€のジェラートを買い、体の熱をとった。

ワイン入りで桃味のジェラートはかなり美味しかった。

 

--------------------------------------

午後19時

 

宿泊しているゲストハウスで日本人4人と出会い、カルボナーラ発祥のレストランに行かないかと誘った。

 

しかし、予約は1名だった為、全員で中には入れず、結局予約した自分だけ店で食事することになった。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145814j:image

 

カルボナーラ発祥の店で出てきたカルボナーラは、日本で見るものよりも麺が太かった。

また、ソースの中にパスタがあるという感じではなく、ソースは少なくパスタがどっしりとしている感じだ。

 

ソースは卵の味がしっかりしていてチーズのしつこさもなく食べやすい。

麺はもちもちのなかに芯があって、茹で加減はちょうど良い。

塩加減が薄めに調理されているが、フライドベーコンの塩が効いているのでちょうど良い具合になる。

これで9€は安いと思う。ソーダ3€も注文し、合計12€で精算した。

 

ご飯を食べてからコロッセオに向かった。

夜のコロッセオはどんな顔をしているのかどうしても見ておきたかった。

f:id:kugo0828kageyama:20180902145725j:image

 

日が沈むにつれて、見え方が変わってくる。

当然ライトアップは古代には無かったもので、人工的なものだが、コロッセオの壮大さと美しさを引き立たせている。

 

ゲストハウスに戻り、日本人の旅人達とお酒を飲むことにした。

スーパーで瓶ビール1.19€と生ハム1.11€を買い、近くの広場で楽しく語った。


f:id:kugo0828kageyama:20180902145740j:image

 

夜の23時くらいまで飲んだ後、ゲストハウスに戻りそれぞれのベッドで寝た。

 

本日の出費は、

ゲストハウス15€、食費26.14€、買い物10€の合計51.14€。